0463-79-9777

ごあいさつ

Greeting
 

 
はじめまして。
ポストグループの代表、芦川永光です。

超アナログ媒体であるポスティングに26歳の夏から携わり、
40歳を過ぎても、この仕事の素晴らしさを日々実感しています。
 
 
私たちの生活はこの10数年で、
劇的に豊かに、便利になりました。
 
でも、多くの人にとっては
今よりも不便を感じていた少し前の方が
なんとなく充足感があったと思うのです。
 
なぜ、"なんとなく"
心が満たされていないのでしょうか。
 
 

「差別化」の広告屋から
「独自化」の集客代理店へ

 
私たち商売をする者にとっても
常に新しいアイデアを要求される
変化を競い合っているような時代です。
 
たとえば新しい発明、
インターネットの中で何かひとつ生まれると、
商売がしやすくなるはず!儲かるかもしれない!
とそれを使いこなすために、さらに学ぶ。
 
一歩でいいから抜きん出たい!
誰よりも早く進みたい!
 
私もそんなことを願い続けて、
翻弄され続けた商売人の一人です。
 
 
それだけ多くの時間と労力をかけて学び
お客様が求めるもののさらに上を、
ご要望のその先を目指してきた結果
自らの首を絞めているかもしれない実情。
 
人は、今も昔も変わらないはずなのに、
便利はさらに増えているはずなのに、
なぜ多くの人が、商売が大変と感じているのでしょうか。
 
私はこれらの原因を、
あらゆる欲求が今、
最高点にあるからだと考えています。
 
 
便利になるのはありがたい。
 
でも私たちの想像できる上では
これ以上の便利は求めていない。
 
新しい商品・サービスが生み出されたら
ワクワクするかもしれない。
 
でも本当は・・・
今あるものでも充分だ。
 
そう感じていませんか?
 
それはごく自然なことです。
 
なぜなら私たちは既に
最適な社会を実現しているからです。
 
 

物質的な豊かさから
精神的な豊かさへ

 
スマートフォンは象徴的な例です。
 
この発明によって受けられた恩恵は
もはや説明するまでもありません。
 
私たち人類の最近10年の暮らしぶりは
有史以来、最も進化をした、と言えると思います。
 
 
しかし今、スマートフォンは
劇的な進化をしなくなりました。
 
進化をする必要が無くなったと言えます。
 
性能が格段に向上したおかげで、
毎年買い替える必要も無くなりました。
 
メガネいらずで立体的な映像が楽しめる端末が
間も無く発売になるはずですが、
生活を激変させるようなインパクトはありません。
 
そうです。
今あるものでも充分に足りているからです。
 
競争をエネルギーに変えて発展してきた社会は、
次、何を原動力にして創られていくか・・・
 
私は精神的な豊かさ、
人として生きる喜びの追求が、
次の新しい社会を創っていくと考えています。
 
 

消費社会の次を
商売人として考える

 
いつしか私たち一人一人が
「消費者」と呼ばれるようになったのは
モノを買い、使って、また新しいモノを買うという
まさに消費行動を繰り返ししてきたから。
 
これがもし終わろうとしているのであれば、
これからも商売を続ける私たちは、
いったい何を提供するべきか。
 
それは恐らく、心満たされた生き方を
追求することだと思うのです。
 
私たち商売人が、より本質的な欲求を求めて、
楽しもう!快適に過ごそう!
健康で幸せになろう!と目指すことです。
 
 

ポスティングの進化型=
ギフティング

 
そんな次の時代の商売をお手伝いするために
私たちは人と人が繋がり、
調和が生まれる環境を整備していきます。
 
どうやって?
 
それは、私たちが創業からこだわって続けてきた
地域のすみずみまで情報が行き渡る
一軒一軒、くまなく配るポスティング。
 
そしてこの先、ポスティングの進化形
「ギフティング」が
あなたのご商売の「希望」になります。
 
 

少子高齢化の克服は
世界のお手本となるチャンス

 
私たちが実現したいことはハッキリしています。
 
年齢・生活といった格差も飛び越えて、
人と人の繋がりを地域単位から生み出し、
喜び・アイデア・やりがいなどが共有された社会。
 
人から人へ、内から外へ向けて
エネルギーを与えられる人、
活力を生み出せる人が育つ社会づくりです。
 
 
ネガティブな情報として、少子高齢化が叫ばれていますが、
日本の人口減少は過去にもあったそうです。
 
1700年代の江戸時代、未婚の若者が増え、
出生率も低下した中でも、
共有の精神と、商売人が生み出したアイデアによって
国は支えられてきました。
 
私たちが暮らす日本は過去に、
少子高齢化を乗り越えた経験があるということです。
 
そして今は、最適化社会です。
 
希望は大いにあるのです。
 
これを克服できたら、私たちはたちまち
世界のお手本になれます。
 
素晴らしいと思いませんか?
 

この先100年を見据えても
ポスティングに変わらない自信

 
私は消費広告が間も無く終わりを迎えると考え、
確信を持って、広告業の次の形を目指しています。
 
消費広告を取り扱ってきた私たちにとってこれは、
苦痛も伴う、健全な変化です。
 
世界はこれから、幾多の困難を乗り越えて、
一人一人の個性、自らの価値に
すべからく気づける状態に変わります。
 
 
「一軒一軒、気配り手くばり」
これが私たちのスローガンです。
 
当社は100年事業を、本気で目指しています。
 
これからも「関わる全ての人の幸せ」という理想を掲げて、
伊勢原市、厚木市を100年、くまなく歩き続けます。
 
 

伊勢原と厚木で
歩き続けます

 

この世に生きるすべての人へ、
感動によって生きがいを与えることが
当社のミッションです。
 
1年365日間続けても、やる気が持続し、
まったく後ろめたくなく、
誰もが人生をかけて取り組めることがある状態。
 
そんな感動があふれる社会を目指して、
私たちは歩き続けます。

 
伊勢原・厚木でご商売をされる皆さま、
私たちとともに、この街で生きていきましょう。
 
 ポストグループ
代表 芦川 永光